幣串 数の話(005)

皆さんの家の屋根裏にもそっとしまわれていると思います幣串。いまでは簡単に組み立てられる上棟セット品として用意されていますが良く見ると3本と7本の縞模様がわかると思いますが、寿の字の半紙の下に5本の線が隠れていて、ここにも7、5、3の建築の奇数がきちんと刻まれているんです。

建築じかん

横浜・鎌倉・逗子・葉山 で 「 家 」「 人 」「 デザイン 」をつなげる日常の建築家ブログ。一級建築士 竹内 陽 ( Takeuchi Noboru ) 2005 年10月より 綴っています。