赤い正三角形のマーク

ココです、という感じの非常用進入口マークのシール設置しました。一辺が20cm以上の赤色反射塗料付と決まっています。最近では、木造3階建ての3階部分の窓でも見ることができます。設置が義務づけられている建築物は建物の高さ31m以下の部分にある3階以上の階となっているためです。このマークの部分は設置に関する規定(建築基準法施工令126条の6項)構造に関する規定(建築基準法施工令126条の7項)開口部の条件などがあり場所、大きさ、ガラスの種類など細かく規定されています。

建築じかん

横浜・鎌倉・逗子・葉山 で 「 家 」「 人 」「 デザイン 」をつなげる日常の建築家ブログ。一級建築士 竹内 陽 ( Takeuchi Noboru ) 2005 年10月より 綴っています。