周辺地盤高い場合 基礎に止水板

今日の現場

  

基礎工事 一般的には

基礎の内部は、周辺地盤面より

高くなることから、床下に雨水が

侵入することはないはずだが

実際の現場では

完成引渡し後にも、基礎の打ち継ぎ面よりも

周囲の地盤が高くなっているケースは

背面が崖地や、斜面地など

都市部の狭隘地も含め多く見られます。

 

基礎工事中に取れる対策として

写真のようにゴム製の止水板

入れる方法もあります。

 

合わせて、セパレータの止水も