お別れ

今日は、大変お世話になったクライントの方が亡くなられました。彼はドイツ人であり私の父と同世代であるがこれまで多くの時間をごいっしょさせていただきました。建築やデザインをはじめ、写真の撮り方を教えていただいたりいっしょに車を見に行ったりと思い出がつきません。そんな彼を私が担いで最後の家から送りださせていただきました。ご冥福をお祈りいたします。