試験杭

今日は、ミュージアムコートワイズ新築工事○アースドリル工法の試験杭に立会いました。10時からスタート☆杭心、杭計の確認からはじまり☆安定液の確認☆そして、支持層までの、土質を1mごとにボーリングデータと比較しながら確認☆時間をおいて底ざらい完了後に穴にテープを落として検尺 左右2箇所○午後からトラックで鉄筋籠の搬入☆直径、鉄筋本数、フープ筋ピッチスペーサー数、溶接の長さ、材種を確認☆鉄筋建込み時は重ね継手長さ、結束状況等を確認○そしてコンクリートを打設するトレミー管のセット生コン車が到着して☆コンクリートの荷下ろし時の試験を行います。コンクリートの固さ、塩分量空気量等 問題ないことを確認して打設です。トレミー管を常時コンクリートに2m以上挿入させながら行いました。今日は、天気が良かったので気持ちよく、現場日焼けしました。写真 掘削開始のところ