映画 「太陽」

今日は仕事帰りの横浜で、夜に映画を見ました。映画 「太陽」は、ロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督がヒトラーやレーニンを描いてきた3部作「20世紀の権力者」のひとつとしてこれまで誰も描いて来なかった昭和天皇をテーマに据えた作品です。「昭和天皇」というデリケートなテーマの作品ゆえ配給会社が及び腰にならざるを得ない事情は分かるような気がしますが人物像を表現するためワンシーンごとの間をかなり時間をかけているので最近の激しい展開の映画になれてしまった私にはちょっとつらかったかも、、、。